トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

霧除けの話

「ご存知ですか」

      日本の気候に適した住宅には長い軒と、マド上には「霧除け」といわれる

      小振りの庇は必須ですが、最近はこれが"ない""極端に短い"家が多く見かけ

      られます。

       その為にサッシュ廻りからの漏水が事故が目立っています。

      不動産売買も最小限のコストで最大の利益を上げる為、処々の検討をされる

      のですが、この雨除け子庇の必要性が充分に検討されずに現状は安易に削除さ         

      れています。

  木造住宅の作り方もデザインの考え方も、時代と共に変わっていくのは必然

      事かも知れませんが、結果的に瑕疵が発生し易く非常に憂慮すべです

       30年程前迄の木製サッシに比べれば現在のアルミ製のサッシはある意味で

      耐久性、施工性見栄えから来る信頼性等々その利点は大変大きくて、住宅

      つくりの重要な部品となっております

       しかしながら台風時や強風を伴った雨は容赦しないのです。屋根の軒の出も

      極端に少ない住宅の外壁を遠慮なくたたき、水の膜となって庇のない外壁を

      さ迷う状態なのです。

       この状態を想像することはたいして難しいことではありません。

      少しの良心と物つくりの心得と現実を直視する目があれば、誰でもがその本質

      理解できるのです。

     「庇を付けられないならなぜその替りの処置をしないのか」と不思議でなりま

  せん

   最近のハウスメイカー主導の住宅作りは戸の様な事が非常に目に付きません

  か?    

2006年10月29日 (日)

安心・安全な住まいづくり

g-plan.aoki@nifty.com2006・10・29

今日からこのサイトで「安心・安全な住まいづくり」について発信します。

    建築のトラブルは悪質リフォームなど、当初から詐欺同然の工事だけではなく
      普通の工務店やハウスメーカーなどとの間でも、多くの問題が生じトラブル化して
     おります。                                                          
       悪質リフォームの問題は、いわゆる単に「建築」に名を借りた犯罪ですので、 
      親族や地域を含め社会全体でその対策を建てる必要があります。            
       それに比べ後者のトラブルの原因は多岐に渡り、系統化して対策を講じること
      が非常に難しいのが現実です。
       また「トラブルは=ハウスメーカーや工務店が悪い」とされることが多いのです
      が、トラブルを起こすような会社を選ばれるのは、実は「施主・御本人」であります。       
       施主は「販売・施工者の選定」について如何様にも選別・選択が出来ます.
      一義的には「販売・施工者」に原因があるとしても「施主」も反省すべき点は多い 
      のです。                                                            
       私は、無料相談や建築調停の場で、多くの「トラブルを」に接しております。
                                                             
       例えば・ 訪問販売による問題の工事(白蟻・床下湿気関係・次々商法など)       
       ・ 木造住宅の基本が欠落している家 ・ 責任者のいない工事現場      
       ・ 支給材に責任を持たない手間請仕事 ・ 未熟職人の粗雑な工事      
       ・ 明細見積書を提出しない業者                                   
       ・ 図面が四、五枚で仕様書もないのに出来あがる家                        
       ・ 情報開示をしないハウスメーカー等々                   
       数え上げれば切りがありません
       トラブルの100%解決は基本的にはありえません、不本意ながらの妥協や諦とな
      ります.
       その結果建物価値が半減したり、多くの再改修を余儀されたり、又リフォーム
      が中断されたまま住まざるを得ないなど、生活を大きく変えざるを得ない方もいらっ
      しゃいます。
       しかしながら多くの事件に接する都度に、消費者が「賢い消費者」として 
      対峙すれば「その大半は防止できる」との思いを強くしております. 
       しかしながらどうして次次ぎと建築トラブルは発生するのでしょうか.
       それは販売側や施工側の一方的な「良い事尽くめの販売攻勢」に対し、消費者
   側に立って公正な判断や情報発進あるいは、助言をする機関や仕組みが無い
   事にあると思います.
       事後のトラブル処理の仕組みはあっても、リスクを回避する事前の仕組みが
      ないのです.
    そこで私は微力ながらその部分を補えればと想いを強くしております.
       私たちの藤沢も人と共に家も高齢化が進み、多くのリフォームや建替え工事
      が行われています。トラブルによる資産の無駄な取崩しによるダメージは、あまり
   にも大きくきく、絶対に避けなければなりません。
       このメッセージが社会を喚起し「池の小石の波紋」のごとく広がり、悔いのない安
      全で安心できる住まい作りに、少しでも寄与することを期待するものです

セカンドオピニオン

建築のセカンドオピニオンをご存知ですか。お手伝いします ■ 現在設計中の計画・一歩下がって、違う目で検証する ■ メーカーからの図面、見積書、契約書の点検 ■ 現場の点検 ■ 購入物件のチェック  等々  特に施主側に専門家が付いていない場合、利害が相反する相手からの情報、資料、設計図、仕様書、  見積書、その他多岐に渡る検証をおすすめします  契約前に再考を!  事前に打ち合わせの上、費用を算出します。

トップページ | 2006年11月 »